GOODNIGHT TRUMP 娘と読む

  • 2020.10.24 Saturday
  • 05:26

娘のベッドタイムルーティンの一つに読書が最近ありますが、今日は私が一緒に読みたい本があるんだ、と誘いました。

(昨日から飲み始めたカモミールティーと一緒に)

 

タイトルは

 

"GOODNIGHT TRUMP" です。

 

トランプ氏が再選されるかどうか、ちょっと分からないですが、

娘がトランプ氏の存在を認識するようになったので一緒に読みたい、と思いました。

 

 

内容ですが、"GOODNIGHT MOON" のパロディーで

トランプ氏が自分の都合が悪いものに対して、どんどん「おやすみなさい」と言っていきます。

 

各ページ一文ずつなので娘もストレスなく読み進めていきます。

 

ただ、補足の説明抜きでは意味が分からないようでした。

 

"Goodnight child held in a cage"

「檻に入れられた子供におやすみなさい」

…これは移民政策で、メキシコからの移住者の子供を親から引き離して檻に収容していた件ですね。

引き離されているうちに親がどこにいるのか分からなくなった子たちがまだ大勢いるそうで。

非常にむごい。

 

"Goodnight kids gunned down at school"

「学校で銃で撃たれた子供達におやすみなさい」

…2018年にアメリカの学校で起きた銃乱射事件が24件もありました。

しかし銃規制には特別な措置がとられず、驚くことに、「先生たちを銃で武装させればこんなことにならない」、と言って世間を騒然とさせました。

驚きの思考回路で絶句。

 

とほんの一部の例をあげましたが、社会保障や人種差別に対する対応、法の軽視、ロシアや北朝鮮のリーダーたちとの仲などをガンガン皮肉っています。

 

でも!最後に…

 

"Goodnight Trump and his whole sad charade"

「トランプとすべての彼の一人芝居におやすみなさい」(意訳)

…ベッドから引きずり出され、ダクトテープで縛られるトランプ氏。

虐げられてい者たちがベッドやそれぞれの場所でくつろぐ。

最後には立場が逆転してしまっています。

そして、彼に虐げられていたみんなが、トランプ氏に「おやすみなさい」を言います。

 

絵本なのですが色々考えさせられる本です。

 

娘は、「そんなんだからオバマと比較されて色々言われちゃうわけだ」、と言ってベッドに入りました。

(娘の口からまだバイデンの名は聞いていない)

 

(トランプ氏はいいこともしているので、嫌いではないのですよ。でも悪目立ちしてしまう。)

 

 

JUGEMテーマ:自分を豊かに、ハッピーに。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM