英語チャンツWhat Time Is It? / 英検でよく出るパターン編

  • 2020.09.25 Friday
  • 06:05

 

今、受け持っている英語クラスでは英検5級、4級を目指している子が多いので、

 

その子たち向けのチャンツ動画作りました。

 

「1時5分」を

 

"five past one" というか "one oh five" というか

 

「2時10分」を

 

"ten past two" というか "two ten" というか

 

「3時15分」を

 

"fifteen past three" というか "three fifteen" というか。

 

後者の方が英検では多いように感じます。

(多分英語を教えている方はこれに気がついていると思いますが)

 

どちらのいいかたも覚えた方がいいのですが、とりあえずはよく試験で出てくる方から覚えた方が得かな?と思いました。

 

大人の考えですが。

 

あと、こっちの方が断然先に覚えやすい、というのもあります。

 

"quarter to ten" 「10時まで後15分」より、"nine forty-five" 「9時45分」を比較すると、

 

小学生低学年にはこっちの方が覚えやすい!ですよね。

 

というわけで、先に覚えやすく、英検でよく使われるパターンのほうで動画作りました。

 

 

話はそれますが…、

 

時間以外にもquarter ってアメリカではよく使うので 1/4 の感覚は染み付いてますが、娘を見てると、日本にいるとあまりないかもな、って思ったりもします。

 

quarter って「1/4 」のことです。

 

25セント玉もquarter (1ドルの「1/4」 だから)

 

そういえばアメリカ人はやたら25を使った計算が早かったのも記憶しています。

(私の周りにいた人だけかもしれませんが。)

でも、お金を持ち歩かず、電子マネーを使うことが増えたら、その感覚も薄れるのかしら?

 

気になる。

 

JUGEMテーマ:児童英語

コメント
コメントする